潜在看護師を減らすためにはどんな工夫が必要だと思いますか?業務の改善や福利厚生の改善、給料アップは不可欠ですよね!

潜在看護師を減らすためにはどんな工夫が必要だと思いますか?業務の改善や福利厚生の改善、給料アップは不可欠ですよね!

うちの職場は、常に求人を出しているのですが、この数年まったく応募がないそうです(。-_-。)

看護師不足と言われるこのご時世、給与の安い介護施設は応募してくれるナースもなく、万年スタッフ不足な職場なんです(;´Д`A

こんなに毎年看護師資格を得る人がいるのに、なんで一向に看護師不足は解消されないんでしょうね...。

世の中には、看護師の資格をもちながら、看護師として働いていない潜在ナースと呼ばれる人たちがいます。

潜在ナースは、50万人とも60万人とも言われていますよね(´・Д・)」

もし、その潜在ナースの一割が復職すれば、看護師不足は解消されるって言われています。

しかし、なかなかその潜在ナースが復職することが出来ていない現状ですね( ;´Д`)

潜在ナースの復職を促進するため、病院での復職支援セミナーを開催したり、福利厚生に力をいれる病院も増えてきました。

それでも看護師不足は解消されませんね。

やはり、看護師の一戦から退く結果になった理由の多くは、家庭の事情が大きく関わっています。

とくに、子供が小さい家庭では、病院の勤務が難しくなりますよね(´・Д・)」

復職支援セミナーを開催しているような病院は、大規模な病院ばかりで、子育て中のママさんナースには、敷居の高い所ばかり...。

中規模や小規模な病院でも、もっと復職セミナーやプリセプター制度を充実させて欲しいけど、なかなか病院側の体制が整いません(;´Д`A

子育て中のママさんナースでも働きやすいような職場は少ないですよね。
業務の改善をして、残業を減らすとか、スタッフの人数を増やして、急な休みに対応できる体制の病院がもっとあればいいのに...って思いますよね。

また、残業もない日勤だけの職場は給料が安いし...(。-_-。)
例えば介護施設もそうです。
介護の仕事もして、給料が安くて、ボーナスも少ない職場に魅力を感じないですよね。

とくに、地方は安い給与の職場が多いですし、福利厚生も都会ほど充実していません(;´Д`A

院内保育園のある病院の数ももっと増やして欲しいですよね。ntt西日本大阪病院の看護師求人はこちら

ブランクを作らなくていいような、妊娠、出産、子育てが出来る職場がもっと増えたら、潜在ナースも減って、看護師不足も解消できますよね(´・Д・)」

2014年4月12日|